『Razer』2段式アクチュエーターを備えたゲーミング用キーボード『Huntsman Mini Analog』海外発表

ゲーミング機器の『Razer』が、大人気の60%のコンパクトゲーミングキーボード『Huntsman mini』にアナログオプティカルスイッチを搭載した「Huntsman mini Analog」を海外発表しました。

アナログオプティカルスイッチを搭載したHuntsmanとしては、Hauntsman V2 Analogが日本でも販売されていますが、これのMini版です。特徴はなんといっても、そのアナログオプティカルスイッチで、反応する接点(アクチュエーションポイント)を1.5mmから3.6mmまで調整が可能。素早い操作が必要な場合は接点を浅く、慎重な操作が必要なら深くとプレイスタイルに合わせて設定できる仕様です。

sauce:Razer

また、キーの押し込み量に応じて2つのアクションを指定可能です。例えば、FPSなどで浅めの押し込みなら歩き移動、深く押し込むと走りって移動という感じの使い分けを行えます。このほか、スイッチは、アナログスティックやサムスティックのようにスムーズに360°のモーション入力が可能になっており、WASDキーでスムーズな操作を行えます。これに関しては、慣れが必要にはなりますが 操作でボタン配置が2倍の拡張されたことになるので、走りを左シフトから押し込みへすればと考えると、いろいろな工夫で独自のキャラクターコントロールができる可能性があるかもしれません。

ゲーミングなのでもちろん、RGBのChroma発光に対応していて、接続はUSB-Cでケーブルは取り外し可能です。米国での価格は149.99ドル。日本では発売日と価格を後日発表するとのことです。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA