パソコン買うなら自作がオススメ!!

自作パソコンは安い!!

皆さんは、ゲームをしたい時は 今だとスマホ・PlayStationやswitchを使っていますよね? あるいは自作は難しいし、BTOパソコンを購入したりしているという人が多数だと思います。 私が10年以上自作パソコンを作成、使用して思うことは安上がりだということです。安上がりな理由は、中古で購入できればコンシューマ機程度で自作可能なのです。 皆さんは、ゲームをしたい時は 今だとスマホ・PlayStationやswitchを使っていますよね?あるいは自作は難しいし、BTOパソコンを購入したりしているという人が多数だと思います。私が10年以上自作パソコンを作成、使用して思うことは安上がりだということです。 安上がりな理由は、中古で購入できればコンシューマ機程度で自作可能なのです。

コンシューマ機はサイクルが早い

近年、コンシューマ(PlayStationやSwitch)は次世代機への移り変わりのサイクルが早くなっていますので、新しい次世代機を買っても2、3年で新たな機種が発売なんて事はザラですし コンシューマ機は故障したら、買い替え・修理が必要になり大変費用がかかったりしますよね。

そんな中、何故パソコンという枠内では無く自作を薦めるかというと、パソコンパーツは部分的にパーツ交換と遊びたいゲームに必要なスペックに合わせて自作すれば、コンシューマ機の倍以上の年数をそこまで費用をかけずゲーム出来るはずなのです。その他に、一度買ったゲームは永久的に遊べるのがいいですね。

『パソコンは高い』 そこは最新の物を買えば高いですが用途を限定すれば、比較的リーズナブルにパソコンを作れたりします。

ゲームで遊ぶとかネットサーフィンだと、何世代か前のパーツを選び作ってしまえば、次回からは変更するパーツとそれに伴い変更しないといけないパーツを購入するだけになります。

買い替え周期は7・8年

いろいろ書きましたが、ここまで読んだ感じだと高くなりそうですが、周期的に7、8年に1回買い換えるパーツが出るくらいですね。

パソコンに必要なものは下記のものです。

  • CPU (何世代か前なら1万以下の物もある)
  • CPUクーラー (中古でCPUを買うなら付いてないので別途買う必要がある)
  • マザーボード (ゲームが目的でも無理にゲーミング仕様を買う必要はない)
  • メモリ (基本8ギガ以上はあったほうがいい。昔は相性問題があったが 今はないのでマザーボードに合ったものを選べばOK)
  • ハードディスク(HDD、SSDなどがあるが おススメはSSDがいいです。PCの起動が早いし500ギガくらいならかなり安いはず)
  • 電源ユニット(めちゃくそ高級構成でもなければ700W程度で十分すぎる。メーカーはあまり気にしないほうがいい)
  • グラッフィックボード(ゲームや動画編集をしない方は基本不要。古いものはどんどん価格が下がるので見極めが必要)
  • OS(Windows・MAC これが高い 1万ちょっと)
  • パソコンケース(これもピンキリで2千円~3万円)
  • パソコンモニター(動きの激しいゲームをしない場合テレビでOK)
  • マウスとキーボード(これもピンキリで家電量販店でも安いのが多数ある)

こんな感じで必要なものはありますが、節約して作るなら一度作ってしまえば流用できるパーツもかなりあるのでグレードアップは簡単になります。

自分は5台自作PCを作成しましたが、電源ユニット以外 故障を経験したことがないので、基本 ケース内の清掃くらいのメンテナンスで10年は故障しないと思われます。

知識はググればすぐに解決

自作の知識についても、難しいことといえばマザーボードとケースを接続する細かいの配線のみで、それ以外は1度調べれば解決できるものだと思います。

上記の細かい配線は仕様によってことなったりするので、説明書とグーグル先生で検索が役立ちます。

相性の問題も ひと昔前は酷かったと聞きますが、自分は経験したことがないので無いに等しい問題だと思います。

最後に

今後、BTOパソコンやコンシューマ機を検討する場合には是非 自作パソコンを検討してみてください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA